読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

満福(まんぷく)

大事な人との満ち足りた幸福な時間を過ごすための素敵を、メモメモ。

南アルプス 赤石岳・荒川岳・千枚岳 > トレッキング計画メモ

概略

2泊3日のトレッキング。

東京からのアクセスに難がある南アルプス

いくからには、満足するまで歩きたいから、体力が続くか心配だけど赤石岳・荒川岳・千枚岳の縦走を計画。

畑薙ダムは夜間は通行止めのはずなので、バスに合わせて移動する必要あり。

道路状況は「しずみち」で要チェック。

 

参考サイト

 

行程

1日目:椹島ロッジから赤石小屋まで!

  • 二子玉から畑薙第一ダムへ。
  • 東名・新東名で231km(用賀ICから新静岡IC)4H
  • バスで畑薙第一ダムから椹島ロッジまで1H
  • 椹島ロッジから赤石小屋まで5H


2日目:赤石岳・荒川岳のピークハント

  • 赤石小屋から赤石岳ピークまで3.5H
  • 赤石岳から荒川小屋まで2.5H
  • 荒川小屋から荒川岳ピークまで3H
  • 荒川岳から千枚小屋まで1.5H


3日目:椹島まで戻って、お疲れさまでした!

  • 千枚小屋から椹島まで5H

 

経費

  • 高速料金:3,600×2=7,200
  • ガソリン代:462km×12円=5,544(10/L)
  • バス:3,000円
  • 宿泊費:3,000円×2泊=6,000円
  • 合計:21,700円

箱根 金時山 > トレッキング計画メモ

概略

年長の子供を連れていく日帰りコースの計画を練る。

バスでいくと往復が寝て移動できる。

下山場所の金時神社からは、いささか歩くが登った後に相原精肉店でコロッケ食べて温泉入って帰ってくる小旅行コースを希望。

年長の足だと、大人の3倍程度は時間がかかるので、コースタイムに注意したい。

 

参考サイト

 

行程


経費

  • バス:1840円×2=3,680円(大人1人)

 

また食べに行きたい!と思うお店 vol.5

福岡編。

1年間の福岡出張の中から、厳選してお届けします。

自信をもってお届けします。

 

なぜか、はてブblogから食べログサイトがアクセス制限されているので、URLを貼ります。

リンクが有効でない場合は、お手数ですがURLをコピペでご覧ください。

 

「まりも本店」

https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400101/40005230/

鴨料理専門店なのですが、ランチメニューの皿うどんが大人気という事で、取引先に連れて行っていただきました。

大盛が、もの凄い量だけど、食べても後悔は無い。最高に美味しい。

https://www.instagram.com/p/BM56ELzhdCl/

 

 

「みやけうどん」

http://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400106/40003615/

これだけ食べて500円程度。

これぞ日本の正しいファーストフード。

汁まで飲めてまう。

https://www.instagram.com/p/BKac_Y1B7ER/

 


「もつ幸」

https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400106/40000754/

他にも美味しいお店は沢山あるだろうけど、間違いないので、迷ったらまず行ってみて欲しい。

 

「ボンバーキッチン」

https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400104/40006396/

腕白に食べたいなら。

地元で愛される定食屋。特別美味い!という訳でもないのだが、思わず足が向く。

そんなお店。

https://www.instagram.com/p/BKX8CwdBxEs/

 

 

「日々の泡」

https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400104/40044138/

いま一番好きなお店。

一押しです。

1月にいったので、牡蠣グラタン・生牡蠣をいただきました。

写真はないけど、バーニャカウダも絶品でした。

素材選び・調理とすべて丁寧で、ワインのセレクトもいい感じです。

次いったら、肉を食べます。豚肉と赤ワイン。

今から、来月の出張にドキドキしています。

https://www.instagram.com/p/BPcnIypB8Tp/

https://www.instagram.com/p/BPcaSIFh6j2/

 

青森 八甲田山・岩木山 > トレッキング計画メモ

f:id:vivatrips:20150802144155j:plain

写真は酸ヶ湯温泉です。

 

概略

3泊4日のトレッキング。深夜バスを利用した強行コース。

青森市八甲田山弘前市岩木山を巡る青森県の名山ツアー。

登った後の温泉は必須。

八甲田の酸ヶ湯温泉は硫黄泉で、とても温まる。嶽温泉は入った事は無いけど期待できると思う。ちなみに、嶽はトウモロコシの名産地。

シーズンは6~10月(軽アイゼン用意不要期間)

 

参考サイト

 


行程

1日目:八甲田山へ!!

  • 深夜バス「津輕号」:新宿 22:10 → 青森駅着 07:40
  • JRバス:青森駅 8:00 → ロープウェー駅前 9:00
  • 八甲田ロープウェイ:ロープウェー駅前 9:00 → 山頂公園 9:10
  • 山頂公園から、田茂萢・大岳から酸ヶ湯へ。そして酸ヶ湯温泉へ入る。
  • JRバス:酸ヶ湯温泉 15:25 → 青森駅 17:07


備考:

  • 八甲田ロープウェイは始発が9時。
  • 酸ヶ湯温泉から青森駅は、15:25が最終なので14:00までには酸ヶ湯まで到着しないと温泉に入る事ができない。
  • 酸ヶ湯温泉は、強烈な硫黄臭だが、とっても温まります。

 

 

2日目:いざ岩木山へ!!

 

経費

  • 深夜バス「津輕号」 8,000×2=16,000円
  • 青森駅からロープウェイまでのバス 1,100円
  • 八甲田ロープウェイ 1,180円
  • 酸ヶ湯から青森駅までバス 1,340円
  • 青森駅から弘前 670円×2=1,340円
  • 弘前駅から岩木山 往復 弘南バス 2,500円
  • 合計:23,460円(温泉・宿泊費を含まず。)

中央アルプス 空木岳 > トレッキング計画メモ

概略

1泊2日のトレッキング。

初日は千畳敷から木曽殿山荘へ。翌朝、空木岳へアタックし帰りに温泉で疲れを癒す。

千畳敷まではロープウェイがあるので、超ラクチンであろう。

シーズンは6~11月(軽アイゼン用意不要期間)

 

参考サイト


行程

1日目:木曽殿山荘を目指す。

  • 二子玉から菅の台バスセンターへ。
  • 中央道で226km(府中ICから駒ケ根IC)、約4H
  •  菅の台バスセンターからバスでしらび平、そしてロープウェイで千畳敷へ。
  • 千畳敷から、木曽殿山荘のコースタイムは7H程度。

 

参考予定

  • 菅の台 5:15 → しらび平 5:45/6:00 → 千畳敷 6:30 > 木曽殿山荘 13:30
  • 菅の台 6:15 → しらび平 6:45/7:00 → 千畳敷 7:30 > 木曽殿山荘 14:30

 


2日目:空木岳アタック。

  • 登頂し、池山尾根を下山。コースタイムは6H。

 


経費

  • 高速料金:4,920×2=9,840
  • ガソリン代:446km×12円=5,352(10/L)
  • 合計:15,192
  • ロープウェイ片道:820円
  • 木曽殿山荘 素泊:5500円

 

尾瀬 至仏山 > トレッキング計画メモ

 

概略

2泊3日(うち1泊は車中)のトレッキング。

初日は尾瀬の湿原を散策し、翌早朝に至仏山にアタックする事で、早く家路に付くことができる。(18時に都内着を目指す)

標高2,228mの至仏山からみる湿原は絶景。

7月下旬、水芭蕉が終わる頃、蛍が見られる季節となる。

個人的には、水芭蕉より蛍。

 

 

参考サイト

尾瀬ケ原・至仏山 - 2015年08月10日 [登山・山行記録] - ヤマレコ

 

 

行程

1日目:移動日

  • 10:30 二子玉川駅 集合し、車にて移動開始。
  • 03:00 尾瀬第一駐車場着、仮眠
  • 06:00 起床後、身支度を整え、バスにて鳩待峠へ。目標は6:30出発。

※仮眠をとる行程より、6時に到着する方が楽だと思います。

 

2日目:尾瀬湿原の散策

  • 鳩待峠から入り、至仏山荘に幕営。外ならば特に予約は不要だったはず。
  • 宿で水が補給できるので、飲料水はそこまで持つ量で十分。
  • 準備ができたら、湿原に向かう。
  • 戻り時間を15時半ぐらいに設定し、好きなように歩く事にする。

 

森の中なので、夜が早い。17時にはライトが必要。

19時ぐらいになると、蛍を見に行く団体が動き出す。よって、飲みすぎに注意。

暗い山道では、飲みすぎは危険だ。

 

そして、寒い。

外に出るなら薄いダウンやフリースは必須。山道、くれぐれもビーサンで行動しようと思わないように。靴下も履いていった方が◎。

 

3日目:至仏山アタック

  • 5時ぐらいになれば、もう明るい。
  • できるだけ早く帰りたければ、できるだけ早く登る事。
  •  6時には登り始めよう。
  • 帰りは、18時に都内着目標。
  • まぁ、でもなりゆきで。

 

 

食事

 

1日目

  • 朝食:行きのコンビニで調達
  • 昼飯:サンドイッチ(サラミ&乾燥バジル・プチトマト)/ワカメスープ
  • 晩飯:
  • 人参とチーズとレーズンのサラダ・レモン風味
  • ペンネサラミ&乾燥バジル・プチトマト)
  • チキンスープ

 

2日目

 

 

箸より、スプーンより、フォークより、手が便利で食べやすい

5歳になる息子に箸を教えています。

 

高島屋で、店員さんおすすめの1600円の箸を買って。

褒めて、ノらせて、気分良くして。

 

「すごーい!上手じゃーん!!」

「なんでも出来ちゃうね。さすが年中さんだな~。」

とかいって、盛り上げながら食事しています。

 

でも、時々なんだけど、息子は素手で食べている時がある。

 

そんなに手が便利なのか!?

こんなに父はがんばっているのに(涙)

 

と思ったから真似してみた。

 

そう、手で食べました。

魚を手で食べてみたんです。

 

 

そしたら、アラ~!!

てか、食べやすいじゃないですかッ!!!

 

程よい力加減ができるから、皮から身を外しやすい。

骨も除けやすい。

食べる前と後に必ず手を洗う習慣もつくし、綺麗に身を残さず食べられるし。

 

キャンプの時に、みんなで手で食べるっては、どうかな?

ワイルドな雰囲気と、意外な食べ易さに驚くこと間違いなし!

 

フィッシュカレーか、チキンカレーなど、骨つきのメニューがいいと思います。