読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

満福(まんぷく)

大事な人との満ち足りた幸福な時間を過ごすための素敵を、メモメモ。

曼荼羅の世界観を感じる。達人達の「木皿泉、佐藤健」の素晴らしさ!

最近のTV番組は面白い!
特にEテレとテレ東が好きで、水曜日から週末にかけてが良いです。

ぐっと来るのが、クリエイターの話。
この回では、脚本家が作る世界の素晴らしさを知りました。

ちょっと説明が長いけど、アウトラインかきますね。

 

一流のクリエイターは、物語が画になって見える!
脚本家の木皿泉は、書きながら頭の中で物語が映像として浮かぶ。
その映像を俳優たちに表現させるために、具体的な文章を起こしていく。

俳優の佐藤健も台本を読むと頭の中で映像が浮かぶという。

 

木皿泉の脚本で演技したことがある佐藤健の見える映像は、木皿泉の見える映像とは違うもので、木皿泉からすると意図したものと違うけど、

佐藤健の表現は良い!!!!

という事で、この対談が組まれたそうです。

 

凄いですね、この創造力と想像力。

ホント、彼らの頭の中を覗いてみたい~~

 


脚本家っていう仕事に興味津々
この番組を見てから木皿泉の作品を見たいと思ったんです。
あと、脚本家という職業に興味が出た。

自分がつくった脚本で映像で役者を御する!これが脚本家という仕事なのかと。
それが、プロの意識なのか!と。

好奇心×想像力×表現力・・・・無限のパワー!!
凄いよね。カッコいいっす。
そういう仕事したいっす。

 

この番組が心にずっと残っていて、毎週楽しみにしています。
でも、何が残る切っ掛けなんだろう?
そう考え続けたら、なんかまるで曼荼羅の世界観なんじゃないかなって思いまして。

パワーを生み出す構造は、曼荼羅なんじゃないかなと。

ちょっと怪しい表現なんですけど、、、

 


なんで曼荼羅の話になるの??

曼荼羅は、金剛界胎蔵界の二つの世界があり、沢山の神様とで形成される。

 

木皿泉×佐藤健

 

一つの物語を表現する2つの脳内映像。
2つの脳内映像は、沢山のスタッフで浮世に現実として現れる。

 

木皿泉は、胎蔵界曼荼羅
佐藤健は、金剛界曼荼羅
周りのスタッフは、曼荼羅の神たち。

なんじゃないかな~って。


相乗効果ではなくて、合わせ鏡のように。イデア界のように。

まだ、悶々としてるけど。
いまのところ、パワーを生み出す構造は

恒久的な真理と呼ばれるものにあるのではと悶々と想像してます。


心をゆさぶる番組をつくるEテレ。
好奇心が盛り上がってくるって最高!!

本当におすすめです。